お手入れ 悉皆 Kimono生活 江戸川橋 新白岡サロン

お手入れ

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


着物を脱ぐ前にまずは手を洗いましょう。

着物ハンガーにかけ、汗を飛ばします。(2~3時間)

この時、部屋の電気は消します。(蛍光灯などでも変色することもあります)

その後、きもの専用のブラシなどでホコリをはらいます。

きれいなたとうの上で畳みます。この時、汚れ(シミ)などないかチェックします。

ワンシーズン着終わったら、お手入れに出します。こうしておくと次の年も心地良くきることがでます。

次のシーズンまで着ない物は、お早めに当店にお持ち下さい。
(当店の商品以外も承ります。)
お持ちいただくのが困難な場合は、郵送、又は車で取りにお伺いいたします。
実際に着物などの汚れ具合を見て、どのような手入れが必要かご判断致します。

軽い汚れの場合・・・衿、袖口の染抜き 汗抜き
ひどい汚れ・・・生き洗い、小袖流洗い(水で丸洗い)
裾切れ・・・裾が切れるということは、表地も汚れているので 洗い張りします
その他・・・シミ抜き、はき合わせ(色調整)、染め替え、紋入れなど

よくある質問

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


Q 自分で洗えるものはありますか?
A 
肌襦袢、裾よけ、足袋、半衿(化繊)は、ネットに入れて洗濯機で洗えます。
ただし、足袋は手洗いの方が長持ちします。

Q 着物を自分で洗うには?
 基本的にはお勧めしておりません。物によっては、寸法が狂う、色落ちする、
仕上げが上手に出来ないなどが上げられます。
まずは、着古した浴衣などから手洗いしてみて様子をみて下さい。

Q 洋服のクリーニングとの違いは?
 クリーニングは基本的にドライで洗います。着物の汗などは、ドライでは落ちません。
そのまま放っておくと、黄色いシミになり、落とすのが困難になります。
浴衣などの夏物は特に汗をかくので汗抜き、小袖流生き洗い(水の丸洗い)をお勧めします。

Q ベンジンなどで汚れを自分で落とすことは出来ますか?
 よほど慣れた方以外はお勧めしません。大概、生地が摺れてしまい、
それを直すことは容易でなくなり、返って、高くつきます。

Copyright(c) 2015 Kimonoseikatsu All Rights Reserved.